弁護士 君塚 洋 > 交通事故 > 交通事故の治療費の打ち切りを受けてしまった場合の対処法

交通事故の治療費の打ち切りを受けてしまった場合の対処法

交通事故でケガをしてしまい、しばらく通院していると保険会社から治療費の打ち切りを通知されるケースがあります。

実際には痛みや症状が残っているにもかかわらず、このような治療費打ち切りをされてしまうと被害者としては非常に困った状況に陥ってしまいます。

そこで、本記事では治療費の打ち切りを受けてしまった場合の対処法について解説します。

医師と相談する

最初にやるべきは、医師と今後の通院について相談することです。

医師が今後も治療の継続が必要と判断した場合には、自身の人身傷害保険の利用や健康保険などを利用して治療費を立て替えておく必要が出てきます。

人身傷害保険や健康保険を利用する

治療を継続する場合には被害者の側で治療費を立て替えておき、示談交渉の際にそれらの費用もまとめて請求するといった流れになります。

しかし、このような方法を取ると一時的に治療費を負担しなければいけないことになるため被害者に経済的な負担が生じてしまいます。

そこで、負担を軽減するために自身の人身傷害保険を利用する事で治療費や慰謝料などを保険金として受け取ることができ、負担を大幅に下げることができます。

また、加入している人身傷害保険が無い場合には健康保険を利用する事で、治療費の負担を3割に抑えつつ治療を継続することができます。

自賠責保険へ被害者請求を行う

本来、自賠責保険の支払いは示談交渉終了後、任意保険会社からまとめて支払われることになっています。

しかし、被害者請求という制度を利用すると、示談成立前でも自賠責保険の分について請求が可能となっています。

そのため示談交渉成立前に治療費の回収が可能となるため負担をしなければいけない時間を短期間に抑えることが可能となります。

弁護士へ依頼し立て替えた費用を請求する

治療費の打ち切りは任意保険会社が治療の継続が必要無いと判断した上で行っているものです。

そのため、治療費を立て替えておいたとしても、当事者が普通に請求しただけでは支払いに応じない可能性が高く、示談交渉時に請求しても支払われなかったというケースも考えられます。

弁護士を通じて請求を行う事で、請求の根拠に法的な根拠があると説得力を持って請求できるため、回収できる可能性を大きく上げることができます。

交通事故は、弁護士 君塚 洋(弁護士法人中村・橋本法律事務所)にご相談ください

治療費の打ち切りを受けてしまうと、もう治療の継続はできないと諦めてしまう方もいらっしゃいますが、弁護士などに相談し適切な対応を行う事で治療の継続は十分可能です。

交通事故の治療費の打ち切りでお悩みの方は弁護士 君塚 洋(弁護士法人中村・橋本法律事務所)にお気軽にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識 Basic knowledge

よく検索されるキーワード Keyword

弁護士紹介 Lawyer

君塚弁護士

君塚 洋(きみづか よう)

私が弁護士になろうと思ったのは、様々な事情から悩みや不安を抱えている方の力に少しでもなりたいと考えたからでした。

この初心を忘れることなく、今後も一人一人のご依頼者のからに誠意をもって対応し、全力を尽くして解決に向けて取り組んでまいりたいと思います。

弁護士に相談することにためらいを感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞお気軽にご相談ください。

  • 弁護士会
    第一東京弁護士会
  • 学歴

    一橋大学法学部

    明治大学法科大学院

  • 職歴

    住友生命保険相互会社

    小出剛司法律事務所

事務所概要 Office Overview

名称 弁護士法人 中村・橋本法律事務所
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル6階
TEL/FAX TEL:03-6256-0066  FAX:03-6256-0057 
対応時間 平日 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日も対応可能です)
アクセス

■有楽町線「有楽町駅」D3出口直結

■JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩2分

国際フォーラム口を出て、ビックカメラと東京国際フォーラムの間の道をまっすぐ進み、ひとつめの交差点の角、1階に三井住友銀行の入っているビルです。


■三田線・日比谷線・千代田線「日比谷駅」

B2出口より 徒歩2分

皇居を背に、帝国劇場を左手に直進してください。


■JR京葉線「東京駅」出口5 徒歩3分