弁護士 君塚 洋 > 交通事故 > 交通事故の加害者になってしまった|その後必要な対応とは?

交通事故の加害者になってしまった|その後必要な対応とは?

どんなに安全運転を心がけていても、交通事故の加害者になってしまう可能性は誰にでもあります。

しかし、加害者になってしまった場合、どのように行動して良いのか分らないという方は多いでしょう。

そこで、本記事では交通事故の加害者となった場合に必要な対応について解説していきます。

負傷者の救護と警察への連絡

負傷者の救護と警察への連絡は道路交通法上の義務として定められており、交通事故が発生したらすぐに必ず行わなければいけません。

また、負傷者のために救急車を呼ぶだけでなく、事故車両に後続車が追突しないように、事故車両を道路脇に移動させるなど道路の安全状況を保つことも必要です。

これらの義務に違反すると刑事罰が科されるため確実に行う必要があります。

自身の任意保険会社に連絡する

通報後、自身が加入している任意保険の会社に連絡することも重要です。

事故対応になれているスタッフが被害者との間に入ってくれるため対応がスムーズに進む場合もあります。

任意保険会社にはなるべく早い段階で連絡しておきましょう。

事故相手の情報の入手

後から調べることもできますが、念のため相手方の氏名や連絡先、車のナンバーや契約している保険会社などは確認しておきましょう。

事故に関するやりとりは基本的に保険会社同士で行う事になるため、被害者への直接の連絡は必要性があるとき以外は避けるのが無難であることが多いです。

捜査への協力

警察が現場に到着すると実況見分が行われます。

人身事故の場合、この実況見分に基づいて作成される実況見分調書は過失割合などを決める上で非常に重要な役割を果たすため、しっかりと協力して正しく事故当時の状況を伝えましょう。

被害者へのお見舞い

謝罪の気持ちを示すために被害者へのお見舞いは被害者に拒否されていないのであれば行くと良いでしょう。

謝罪の気持ちを真摯に示すことで被害者の心証が良くなり、示談交渉が進めやすくなることに繋がります。

交通事故については、弁護士 君塚 洋(弁護士法人中村・橋本法律事務所)にご相談ください

交通事故の加害者になってしまった場合に加害者としてやるべきことはいくつかありますが、その中でも最も重要なのは被害者の救護と警察への通報です。

繰り返しになりますが、これらを怠ると刑事罰の対象となります。確実に行うようにしましょう。

交通事故でお困りの方はお気軽に弁護士 君塚 洋(弁護士法人中村・橋本法律事務所)にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識 Basic knowledge

よく検索されるキーワード Keyword

弁護士紹介 Lawyer

君塚弁護士

君塚 洋(きみづか よう)

私が弁護士になろうと思ったのは、様々な事情から悩みや不安を抱えている方の力に少しでもなりたいと考えたからでした。

この初心を忘れることなく、今後も一人一人のご依頼者のからに誠意をもって対応し、全力を尽くして解決に向けて取り組んでまいりたいと思います。

弁護士に相談することにためらいを感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞお気軽にご相談ください。

  • 弁護士会
    第一東京弁護士会
  • 学歴

    一橋大学法学部

    明治大学法科大学院

  • 職歴

    住友生命保険相互会社

    小出剛司法律事務所

事務所概要 Office Overview

名称 弁護士法人 中村・橋本法律事務所
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル6階
TEL/FAX TEL:03-6256-0066  FAX:03-6256-0057 
対応時間 平日 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日も対応可能です)
アクセス

■有楽町線「有楽町駅」D3出口直結

■JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩2分

国際フォーラム口を出て、ビックカメラと東京国際フォーラムの間の道をまっすぐ進み、ひとつめの交差点の角、1階に三井住友銀行の入っているビルです。


■三田線・日比谷線・千代田線「日比谷駅」

B2出口より 徒歩2分

皇居を背に、帝国劇場を左手に直進してください。


■JR京葉線「東京駅」出口5 徒歩3分