弁護士 君塚 洋 > 交通事故 > 交通事故による逸失利益とは

交通事故による逸失利益とは

「父が突然の交通事故により亡くなってしまった。父を失った悲しみも当然大きいが、大学進学を控えた矢先だったため、今後の家計がどうなるかも非常に心配だ。」
「夫が交通事故の被害に遭い、重い後遺症が残ってしまった。自営業だったが仕事を続けられないため、これからどうすればよいのか途方に暮れている。」
交通事故の被害に遭われた方のなかで、逸失利益について、こうしたお悩みをお持ちになられている方は、決して少なくありません。

 

このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかから、交通事故による逸失利益についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。

 

■逸失利益とは
逸失利益という言葉は、ほとんどの人にとって耳慣れない言葉なのではないでしょうか。
ここで、逸失利益について整理しておきましょう。

 

逸失利益とは、交通事故の被害に遭うことがなければ、将来的に得ることができていたと合理的に考えられる、収入などの利益のことをさします。
本来であれば得られていた利益が、交通事故によって失われたと考えるのです。

 

交通事故後の利益は将来の長い期間に渡って得られていくものですが、損害賠償においては、保険金により一括で逸失利益として支払われるため、その分の利息が控除されて計算されます。

 

■逸失利益を請求できるケース
逸失利益を請求できるケースとしては、死亡事故についての逸失利益と、後遺障害についての逸失利益の2つがあります。
それぞれについてご説明いたします。

 

1.死亡事故についての逸失利益
死亡事故とは、被害者が亡くなられてしまった交通事故のことをさします。
交通事故の損害賠償請求では、原則として被害者が加害者に対して請求を行いますが、死亡事故の場合には、被害者が亡くなられてしまっているため、ご遺族の方が損害賠償請求することが認められています。
死亡事故についての逸失利益とは、亡くなられた被害者の方が、交通事故により亡くなられなければ、得られていたと合理的に考えられる収入などの利益をさします。
この場合、亡くなられた被害者の方がサラリーマンなどである必要はなく、専業主婦や自営業、学生であっても将来的に得られる収入を検討し、逸失利益を請求することが可能です。

 

2.後遺障害についての逸失利益
後遺障害とは、交通事故による怪我が後遺症として残ってしまい、かつ自賠法施行令に定められた基準を満たすほど重いとして認定されたものをさします。
後遺障害についての逸失利益とは、交通事故に遭い後遺障害を負うということがなければ将来的に減少しなかったであろう収入などの利益をさします。
後遺障害についての逸失利益は、認定された後遺障害等級によって大きく金額が変わるため、後遺障害等級認定は重要な意味をもつのです。
後遺障害や後遺障害等級認定については、別のページでもくわしくご説明しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

 

弁護士 君塚 洋(弁護士法人中村・橋本法律事務所)は東京駅・有楽町駅・日比谷駅から近い東京都千代田区丸の内を中心として東京都はもちろん、千葉県、神奈川県、埼玉県の一都三県や北関東にお住まいの方の交通事故に関するお悩みにお応えする法律事務所です。
交通事故でお困りの方は、当職まで是非、お気軽にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識 Basic knowledge

よく検索されるキーワード Keyword

弁護士紹介 Lawyer

君塚弁護士

君塚 洋(きみづか よう)

私が弁護士になろうと思ったのは、様々な事情から悩みや不安を抱えている方の力に少しでもなりたいと考えたからでした。

この初心を忘れることなく、今後も一人一人のご依頼者のからに誠意をもって対応し、全力を尽くして解決に向けて取り組んでまいりたいと思います。

弁護士に相談することにためらいを感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞお気軽にご相談ください。

  • 弁護士会
    第一東京弁護士会
  • 学歴

    一橋大学法学部

    明治大学法科大学院

  • 職歴

    住友生命保険相互会社

    小出剛司法律事務所

事務所概要 Office Overview

名称 弁護士法人 中村・橋本法律事務所
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル6階
TEL/FAX TEL:03-6256-0066  FAX:03-6256-0057 
対応時間 平日 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日も対応可能です)
アクセス

■有楽町線「有楽町駅」D3出口直結

■JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩2分

国際フォーラム口を出て、ビックカメラと東京国際フォーラムの間の道をまっすぐ進み、ひとつめの交差点の角、1階に三井住友銀行の入っているビルです。


■三田線・日比谷線・千代田線「日比谷駅」

B2出口より 徒歩2分

皇居を背に、帝国劇場を左手に直進してください。


■JR京葉線「東京駅」出口5 徒歩3分