弁護士 君塚 洋 > 交通事故に関するキーワード > 症状固定 と 言われたら

症状固定 と 言われたら

  • 弁護士費用特約とは

    「交通事故の示談交渉が難航しており悩んでいたころ、弁護士費用特約いう制度がある聞いた。私は利用するこができるのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、弁護士への交通事故問題のご相談について、このような悩みをお持ちになられる方が決して少なくありません。 このページでは、交通事故にまつわる数多くのキー...

  • 納得のいく後遺障害等級認定を受けるためのポイントとは

    「後遺障害等級の認定について、申請手続きによって認定される等級がかわるようなこがあるのだろうか。あるしたらなぜなのだろう。交通事故の被害に遭われた方のなかには、後遺障害等級認定について、このような悩みをお持ちになられる方が決して少なくありません。 このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかでも...

  • 後遺障害等級認定までの期間と流れについて

    「交通事故の被害を受け治療を続けていたが、後遺症が残る可能性が高いされた。今後の後遺障害等級認定にはどのような流れがあるのだろうか。「交通事故による後遺症について、後遺障害しての認定を受け、早期に損害賠償を受けたいが、どれくらいの期間がかかるのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、後遺障害について、...

  • 症状固定とは

    「歩行中に乗用車接触し、大けがを負ってしまった。幸いにも命に別状はないが、後遺症が残る可能性がる診断されている。今後の生活について十分に補償をうけるこはできるだろうか。「交通事故の被害に遭ったあから、首に痛みが出ていたため通院を続けていたが、これ以上治療を続けても回復の見込みはない診断された。その分につ...

  • 交通事故の慰謝料は通院日数で変わる!?

    交通事故の慰謝料には入通院慰謝料後遺障害慰謝料があります。このうち、入通院慰謝料は通院日数で変わります。 ・自賠責基準自賠責基準によれば、入通院慰謝料は1.または2.のうち少ない方に日額4300円をかけた額なります。つまり、原則して実通院日数や総治療日数が長いほど入通院慰謝料は増加するこになります。 ・裁...

  • 交通事故が原因によるPTSDは後遺障害として認められる?

    交通事故によってPTSDを発症してしまった際にも、後遺障害認定を受けられるのかいうご質問をいただくこがあります。本ページでは、後遺障害は何か、PTSDの定義や後遺障害が認められるかについて解説をしていきます。 ◆後遺障害は後遺障害は、怪我の治療が終わった後に、怪我が治癒してもなお、身体に残っている障害の...

  • 交通事故による鎖骨骨折|後遺障害が認められるのはどんなケース?

    当ページでは、後遺障害は何か、鎖骨骨折で後遺障害が認められうるのはどのようなケースかについて詳しく解説をしていきます。 ◆後遺障害は後遺障害は、怪我の治療が終わった後に、怪我が治癒してもなお、身体に残っている障害のこを指します。後遺障害によって慰謝料を請求するためには、後遺障害等級の認定を得る必要がありま...

  • 逸失利益の計算方法

    交通事故の被害を受けた時には、慰謝料や後遺障害慰謝料だけではなく、逸失利益についても請求をするこが可能なっています。 本記事では、逸失利益について詳しく解説をしています。  逸失利益は 逸失利益は、交通事故がなければ将来得られていたであろう利益のこを指します。逸失利益には後遺障害逸失利益死亡逸失利益の...

  • 症状固定と言われたら何をするべき?その後の流れを解説

    交通事故により怪我を負ってしまい、入院、通院をする、最終的には医師から症状固定いった診断を受けるこなります。当記事では、症状固定の診断を受けた後に何をすべきかについて解説をしていきます。  症状固定は 症状固定は、これ以上治療を続けても病状が改善しない状態のこを指します。しかしながら、医師から症状固...

  • 交通事故の慰謝料交渉を弁護士に依頼するメリット

    「交通事故の被害に遭い、通院しているが、加害者側の保険会社からこれ以上不要な通院を続ける場合には慰謝料は出せない言われてしまい困っている。「父が突然交通事故に遭い、亡くなってしまった。茫然自失のなか示談交渉の話があったが、提示された慰謝料の金額が予想以上に低額だった。交通事故の被害に遭われた方のなかには、慰謝料...

  • 保険会社との示談交渉を自分で行うデメリット

    「加害者側の保険会社示談交渉を行っているが、なかなか自分の意見を聞いてもらえず困っている。どうすればよいだろうか。「交通事故の被害に遭い入院していたが、後遺症が残る可能性がある医師に診断された。加害者側の保険会社からは否定されており、今後が不安だ。交通事故の被害に遭われた方のなかには、保険会社の示談交渉につ...

  • 死亡事故で加害者に請求できる損害賠償金の項目とは

    このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかでも、死亡事故で加害者に請求できる損害賠償金の項目についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたい思います。 ■死亡事故死亡事故は、被害者が亡くなられてしまった交通事故のこをさしています。一般的に、損害賠償の請求は、被害に遭われた方が行う...

  • 交通事故で裁判をするメリット・デメリット

    「加害者側の保険会社から、これ以上示談交渉が長引くなら裁判も検討している言われてしまった。交通事故裁判になるデメリットはどういうものがあるだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、交通事故の裁判について、このような悩みをお持ちになられる方が決して少なくありません。 このページでは、交通事故にまつわる数多く...

  • 交通事故裁判となるケースとは

    ころが保険会社に提示された過失割合に納得ができない。交通事故裁判を起こすしかないのだろうか。「交通事故に遭い、しばらくむちうちのような症状があったので通院していたが、軽微な事故だったため物損してしか扱わない言われてしまい困っている。交通事故の被害に遭われた方のなかには、このような悩みをお持ちになられる方が決...

  • 高次脳機能障害とは

    目立った外傷がなかったため物損事故して処理したが、事故後しばらくしてから物忘れがひどくなった気がする。「夫が交通事故により入院していた。怪我の治療が終わり退院したが、事故の前に比べて怒りっぽくなったように感じる。因果関係があるのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、交通事故の後の身体面や精神面での不調...

  • 後遺障害等級によって変わるものとは

    「交通事故の被害に遭い治療を続けていたが、後遺症が残る可能性が高い医師に診断された。後遺障害して認定を受けた方がよいのだろうか。「交通事故による後遺症について、事前認定により後遺障害14級認定された。友人からもっ重いはずだ言われたが、等級が変わる何が変わるのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかに...

  • 後遺症障害等級認定とは

    幸いにも回復し命に別状はないが、後遺症が残る可能性がある診断されている。今後の生活がどうなるか不安だ。「後遺症後遺障害は同じものをさしている言葉だ思っていたが、実は大きく違う聞いた。いったいどういう違いがあるのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、後遺障害について、このような悩みをお持ちになられ...

  • 交通事故で健康保険を活用するメリットとは

    「交通事故の被害に遭い、しばらく通院するこが決まった。自動車保険で対応するものなので、健康保険は使えないのではないか心配だ。「交通事故で入院や通院を余儀なくされた場合には、健康保険でどのようなメリットがあるのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかで、健康保険について、こうしたお悩みをお持ちになられている方...

  • 交通事故の慰謝料が増額するケースとは

    「交通事故の被害に遭い現在通院しているが、加害者側の保険会社から提示された慰謝料案になっくがいかない。どうにか増額できないものだろうか。「事故後の生活資金に充てよう考えていた慰謝料の金額が想定より低く提示され困っている。相場してはどれくらいが妥当なのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、慰謝料の請...

  • 交通事故の慰謝料計算基準とは

    入院を余儀なくされたが、慰謝料はどれくらい請求するこができるのだろうか。「交通事故により後遺症を負ってしまった。後遺症によっては後遺症についての慰謝料を請求するこができる聞いたが、自分は該当するのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、慰謝料の請求について、このような悩みをお持ちになられる方が決して...

  • 交通事故の被害者が加害者へ請求できる項目とは

    自営業で営業所も兼ねていたのだが、休業損害を請求するこは可能だろうか。「交通事故により、後遺症を負ってしまった。後遺症についての慰謝料を請求できるケースもある聞いたが、はたして自分は該当するのだろうか。交通事故の被害に遭われた方のなかには、損害賠償の請求について、このような悩みをお持ちになられる方が決して少な...

  • 交通事故による逸失利益とは

    このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかから、交通事故による逸失利益についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたい思います。 ■逸失利益は逸失利益いう言葉は、ほんどの人にって耳慣れない言葉なのではないでしょうか。ここで、逸失利益について整理しておきましょう。 逸失利益は...

  • 交通事故における過失割合の重要性について

    「過失割合について伝えられたが、損害賠償が十分になされるなら問題ない思っていた。示談金の額が減額される聞いて驚いている。「加害者側の保険会社から示談中に提示された過失割合について、ても納得できない。反論しようにもどのような進め方で主張したらよいか分からず困っている。交通事故の被害に遭われた方のなかで、過失割...

  • 自動車事故の種類について

    首が痛むにもかかわらず物損事故で処理するいわれてしまったが、こういうものなのだろうか。「歩行中に交通事故に遭い、怪我を負ってしまった。人身事故だが、物損もあるため、療法もきちん損害賠償がなされるかどうか心配だ。交通事故の被害に遭われた方のなかで、こうしたお悩みをお持ちになられている方は、決して少なくありませ...

  • 交通事故の解決までの流れ

    このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかから、交通事故の解決までの流れについてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたい思います。 ■交通事故が発生したら交通事故は、可能な限り避けなければならない事象です。しかしながら、どれだけ安全運転を心掛けていたしても、交通事故の当事者なって...

  • 休業損害とは

    ■休業損害は何か交通事故により受傷し、仕事を休まざるを得なくなってしまった場合に、得られるはずだった収入のこを休業損害いいます。給与所得者の場合には、一般的に月々貰えるはずだった給与やボーナスなどが含まれます。事業所得者、会社役員や(専業・兼業)主婦・主夫の方の場合には、休業状況及び所得の減額内容などを確認...

  • 納得のできない後遺障害等級の異議申し立て方法

    後遺障害等級について、想定してたよりも低い等級が認定されてしまった場合や、そもそも認定されなかった場合には異議申し立てを行うこができます。異議申し立てには3つの方法があります。 (1)異議申し立て異議申し立ては、事前手続の場合は「自賠責保険会社」へ、被害者請求の場合は「任意保険会社」に対して行う方法です。異議申...

  • CRPS・RSD

    ■CRPSはCRPS(Complex regional pain syndrome)は、日本語では複合性局所疼痛症候群呼ばれます。CRPSに該当するかの診断においては指標が存在します。 ・自覚症状病気のいずれかの時期に以下の自覚症状のうち2項目以上該当するこ (1)皮膚・爪・毛のうちいずれかに萎縮性変化 (...

  • 交通事故の弁護士基準とは?

    交通事故における弁護士基準は、過去の裁判例から導かれた損害賠償金の基準のこで、裁判なった場合に認められる基準を言います。裁判基準呼ばれるこもあります。 交通事故による損害賠償額の基準には自賠責基準や任意保険基準呼ばれるものもあります。自賠責基準は、自賠責法に基づいて損害額を算定する方法で自賠責では賄...

  • 追突事故の慰謝料請求

    一般的に交通事故における慰謝料は。交通事故によって発生した精神的ダメージに対する損害賠償のこを言います。そのため慰謝料は人身によってのみ発生したものに限られます。そして慰謝料には入院・通院の慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つが存在します。追突事故によって慰謝料を請求する場合に、3つの損害賠償算定基準が存...

  • 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

    低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)は何らかの原因で脳脊髄までの間を覆っている脳脊髄腔の中の髄液が漏れ出して髄液が減少してしまうこによって、脳組織が脊髄に向かって沈んでしまい、その結果、頭痛を始めしたふらつき症状や全身倦怠、めまい、耳鳴り等の全身症状を引き起こす病気です。 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)は手...

  • 交通事故のむちうち(頸椎捻挫)の慰謝料相場はいくら?

    ■むちうち(頚椎捻挫)はむちうち(頚椎捻挫)は、交通事故の衝撃によって首がムチのようにしなってしまい、首を捻挫してしまった状態を指します。むちうちでは、頸椎捻挫や外傷性頚部症候群などの診断がなされるこになります。 ■むちうち(頚椎捻挫)の慰謝料相場むちうち(頚椎捻挫)の場合、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料を請...

  • 交通事故被害を弁護士に依頼して費用倒れになるケース

    ■費用倒れは弁護士に交通事故に関する示談交渉を依頼した場合、示談金の増額が見込めます。しかし、物損事故や人身事故において軽症で済んだ場合などには、示談金の増加額より弁護士費用が高額なってしまい、損をしてしまう可能性があります。これを費用倒れいいます。 ■費用倒れなるケース物損事故や人身事故において軽症で済...

  • 遷延性意識障害(植物状態)

    ■遷延性意識障害(植物状態)は 遷延性意識障害(植物状態)は、疾病や外傷によって治療を受けているにもかかわらず3ヶ月以上にわたって ①自力移動ができず、②自力摂食できず③糞便失禁があり、④意味のある発語ができず、⑤簡単な従命以上の意思疎通ができず⑥眼球は動いても認識はできないいう6項目に該当する状態にある場...

  • 通勤中の交通事故

    交通事故の被害に遭ってしまった場合、通常は相手方の加入する任意保険会社や自賠責保険会社に対して、請求をするこになります。通勤中に交通事故の被害にあった場合にはこれらの保険だけでなく、労災保険を利用するこも可能になります。任意保険、自賠責保険、労災保険のどれを選ぶかは被害者が決めるこができます。 ■労災保険を...

  • 保険会社が弁護士費用特約を嫌がるのはなぜ?

    ■弁護士費用特約は弁護士費用特約は、交通事故に関して弁護士に依頼する際にかかる弁護士費用を保険会社が負担してくれるいう特約です。自動車保険に任意でつけるこができます。弁護士費用特約を利用するこで、自己負担なしで弁護士に依頼するこができます。 ■保険会社が弁護士費用特約を嫌がる理由弁護士費用特約を利用す...

  • 交通事故でもらえるお金の種類

    入通院に関する費用しては、治療費、入通院慰謝料、通院にかかる交通費、診断書発行費、休業損害などがあります。 ■後遺障害に関するもの後遺障害に関するものして、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益、介護費用等がありあます。 ■死亡に関するものして死亡慰謝料、死亡逸失利益、葬儀費用等がありあます。 交通事故の慰謝料相...

  • もらい事故に遭ってしまったら

    ■もらい事故はもらい事故は、赤信号で適切に停車していたのに後ろから追突された場合など、被害者に全く過失がない事故(過失割合が10対0)のこを指します。 ■もらい事故の場合、自分の加入している保険会社には示談交渉してもらえない過失のない被害者の保険会社が示談交渉を行う、弁護士法72条に違反するこになってし...

  • 物損事故から人身事故への切り替え|メリット・デメリットを解説

    交通事故が起こった際に、その場では自身の車が破損したのみだったため、物損事故して届出をしていたころ、数日経ってから痛みや痺れなどを発症し、物損事故から人身事故に切り替えるいうこがあります。 本ページでは、物損事故から人身事故へ切り替えるこのメリットデメリットをそれぞれ解説していきます。 ◆物損事故から...

  • 交通事故の示談交渉が決裂した場合の対処法

    交通事故を起こしてしまった場合、相手方示談交渉を行うこになります。しかしながら、示談交渉は必ずしもうまくいくものではなく、時には交渉が決裂してしまういったこもあり得ます。本ページでは、交通事故の示談交渉が決裂してしまった時の対処法について解説をしていきます。 ◆示談交渉が決裂してしまう理由示談交渉が決裂し...

  • 交通事故の過失割合の決め方|納得できない場合はどうする?

    交通事故で過失割合呼ばれるものを聞いたこがある思います。この過失割合はどのように決定するのか、納得ができない場合にはどのように対処すれば良いのかいうこは意外知られていない事実です。当記事では、過失割合について詳しく解説をしていきます。  過失割合は 交通事故が起きた際に、被害者のみに被害が発生する...

当事務所が提供する基礎知識 Basic knowledge

よく検索されるキーワード Keyword

弁護士紹介 Lawyer

君塚弁護士

君塚 洋(きみづか よう)

私が弁護士になろうと思ったのは、様々な事情から悩みや不安を抱えている方の力に少しでもなりたいと考えたからでした。

この初心を忘れることなく、今後も一人一人のご依頼者のからに誠意をもって対応し、全力を尽くして解決に向けて取り組んでまいりたいと思います。

弁護士に相談することにためらいを感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞお気軽にご相談ください。

  • 弁護士会
    第一東京弁護士会
  • 学歴

    一橋大学法学部

    明治大学法科大学院

  • 職歴

    住友生命保険相互会社

    小出剛司法律事務所

事務所概要 Office Overview

名称 弁護士法人 中村・橋本法律事務所
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル6階
TEL/FAX TEL:03-6256-0066  FAX:03-6256-0057 
対応時間 平日 10:00~18:00(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日も対応可能です)
アクセス

■有楽町線「有楽町駅」D3出口直結

■JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩2分

国際フォーラム口を出て、ビックカメラと東京国際フォーラムの間の道をまっすぐ進み、ひとつめの交差点の角、1階に三井住友銀行の入っているビルです。


■三田線・日比谷線・千代田線「日比谷駅」

B2出口より 徒歩2分

皇居を背に、帝国劇場を左手に直進してください。


■JR京葉線「東京駅」出口5 徒歩3分